LINEを活用したスペース予約・決済システム「Connected Space Share」を 利用したテーブル席事前有料予約サービスの実証実験をたまプラーザ テラスにて実施 ~待ち時間削減、密集・密接回避による感染症予防に配慮した取り組み~


 Connected Design株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:武田浩治、以下 Connected Design)は、「たまプラーザ テラス(横浜市青葉区)」にあるフードコート「TERRACE KITCHEN」内のキッズゾーン(以下「対象スペース」)にて、LINE*1をユーザーインターフェースとしたスペースの予約・解錠・決済システム(「Connected Space Share」、以下「本システム」)*2を用いた一部座席の事前予約サービス*3の実証実験を実施いたします。

■実証実験の詳細
 本実証実験は、フードコート内のキッズゾーンのテーブル席を事前にご予約いただくことで快適にお過ごしいただけるよう空席待ち時間の削減を検証するものです。また、対象スペースの密集・密接状態を避けることで、感染症予防への寄与を目指します。

■事前予約のながれ
 たまプラーザ テラスLINE公式アカウント内のメニュー画面より予約専用のLINEを友だち追加していただき、予約したいテーブル番号と日時を選択し、クレジットカード決済をすることで予約完了となります。お客さまは予約終了時間まで、お席でごゆっくりお過ごしいただけます。

※操作画面はイメージです。
※たまプラーザ テラスLINE公式アカウントのメニュー画面から予約専用のLINE友だち追加ページへ遷移します。

■たまプラーザ テラスについて
「私を、かなえる場所。たまプラーザ テラス」をコンセプトに、単なる買い物をする場所にととまらず、レストランやカフェでの寛ぎのひとときや、カルチャースクールで自分磨きなど、素敵な毎日を過ごすことができる場を提供。人々が集う、コミュニティが育まれる場としての役割りも担っています。
「ゲートプラザ」「サウスプラザ」「ノースプラザ」「リンクプラザ」の建物からなり、高感度から生活に密着した店舗まで、さまざまな店舗を取り揃えます。

 

 本実証実験は2022年2月1日より開始いたします。実証実験期間中は、予約・決済機能および利便性の向上を目指しお客様へのアンケート調査などを予定しております。Connected Designは、お客様により快適にお過ごしいただけるよう、今後も独自技術を活用したサービスの提供を進めてまいります。

*1 LINE及びLINEロゴは、LINE株式会社の登録商標です。
*2  Connected Space Share は、 Connected Design株式会社が独自開発した、スマートロックを設置したスペースの予約・決済サービスです。本実証実験では、スマートロックの操作はなく、スペースの予約・決済サービスを活用します。
*3決済手段はクレジットカードとなります。

■Connected Design株式会社について
 Connected Designは、「『Japan Quality Smart Life』お客様の一人ひとりの生活を豊かにしていきたい」想いの下、地域に根差したケーブルテレビ事業を展開するイッツコムと長年にわたりインターネットサービスを提供してきたニフティ(現:富士通クラウドテクノロジーズ株式会社)、そして東急線沿線で新たな生活価値を提案し続けてきた東急電鉄(現:東急株式会社)のジョイントベンチャーとして2015年に設立され、ホームオートメーションをはじめとしたIoTサービスに関する企画開発、調達および販売を行ってまいりました。日本のIoT領域でも変革が本格化する新しい時代において、多彩な人材からなるチームにより、暮らしのDXを実現するために必要なプロフェッショナルサービスをワンストップで提供し、お客様のビジネス創造に努めてまいります。

本システムにご興味をお持ちの企業様は、Connected Design株式会社のお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

・Connected Design株式会社 https://connected-design.jp/
〒158-0097 東京都世田谷区用賀4丁目10番1号 世田谷ビジネススクエアタワー
HPの「お問い合わせフォーム」よりお問い合わせください
https://connected-design.jp/contact/